スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バベル・・・にしおかすみこ・・・・・SM女王

にしおかすみこの衝撃画像!

にしおかすみこの衝撃画像!

 26日、TOHO CINEMAS六本木ヒルズで、日本公開が迫った『バベル』のジャパンプレミアが行われ、菊地凛子、二階堂智、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、レッドカーペットに登場した。

 レッドカーペットに登場したゲスト陣は、ほっしゃん。やムーディー勝山など、なぜかお笑い芸人が多かった。そんな中ひときわ異彩を放っていたのが、SMの女王様キャラで人気急上昇中の“にしおかすみこ”だ。来場者がレッドカーペットにふさわしいファッションで現れたのに対し、にしおかはいつもの女王様ルック。報道陣に「キィーーー」と奇声を発するなど、明らかに場違いな雰囲気だった。それでも、カメラマンからのリクエストに応える形で、得意技の“逆M字開脚”を披露すると、一般の観客からは大きな歓声があがっていた。しかし、あまりに衝撃的な光景に、関係者は冷や汗気味だった。

 そんないつもとは違う雰囲気のゲスト陣の後、レッドカーペットに現れたこの日の主役たち。映画が撮影された日本が、ワールドプレミア最後の地となったこともあり、監督も含めた3人は、和装でマスコミと観客の前に現れた。昨年のカンヌ国際映画祭以来、公の場で着物姿を初披露した菊池凛子は、「着物を着ると“凛とした”気持ちになる」とコメント。イニャリトゥ監督は「正直、きついけど、やせて見えるからいいね」と着物の魅力を笑顔で語っていた。

『バベル』は4月28日より全国公開。
『バベル』オフィシャルサイト http://babel.gyao.jp/



和服がお似合いのアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、
菊地凛子、二階堂智
 菊地凛子の助演女優賞ほか、アカデミー賞6部門7ノミネート(うち作曲賞受賞)を果たし話題となった「バベル」。いよいよ4月28日に全国公開を迎えるにあたり、26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京・六本木)にてジャパンプレミアが開催された。

 劇場の入り口にはレッドカーペットが敷かれ、著名人が続々入場。さらに会場には高さ5.6メートル、幅4.5メートルの“バベルの塔”が設置され、来日したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督と日本人キャストの菊地凛子、二階堂智が和服姿でバベルの塔の中から登場した。菊地凛子は、現在ヨーロッパで新作「The Brothers Bloom」(ライアン・ジョンソン監督、エイドリアン・ブロディ主演)を撮影中だが、この日のために1日だけ緊急帰国したという。

 その後、一行は劇場内に移動して舞台挨拶を行い、新作の撮影中のため来日が叶わなかったブラッド・ピットが日本のファンに寄せた手紙を監督が代読。「この世界に住むひとりの人間として、この映画に参加できたことを幸せに思う。日本の皆さんに、この映画の力強いメッセージを感じてほしい」というブラピのメッセージを聞いた菊地は、「彼も含めて、私たちはアレハンドロが作ったひとつのファミリーとしてつながることが出来た。彼もきっとこの場にいたかったと思う」と彼の不在を残念がった。また、この日は“世界をつなげる”という作品テーマにあやかり、六本木の様子が大阪、横浜、名古屋で開催されている試写会場に生中継された。監督は最後に「本当の境界線は、国境などではなく、私たちの心の中にある。“思いやり”を持つことで私たちは真につながることができる」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。